一年で学費が57万も違う!?無視できない為替レート

「はぁ、また上がってるよ…。」
「おっ、昨日より安い!」

みなさんこんにちは。今日も為替レートを見て一喜一憂しているたくやです。(*`・ω・)ゞ

「為替レート」

これ本当に海外生活には欠かせないものですよね。
日本にいたときは気にもしませんでしたが、今は常にチェックしています。

筆者はイギリスで物を買うとき、1ポンド日本円でいくらかを考えてしまうのでレートによって損した、得したなんていまだに気にしてしまいます。

そんな悩みの種、為替レートとは簡単に言うと、外貨の値段を自国の通貨の値段で表した数字です。
Ex) 1ドル=100円

例えばイギリスであれば通貨はポンド(£)なので、1ポンド日本円ではいくらになるのかを考える必要があります。

この記事を書いている今のレートは1ポンド=144円なので、もし10ポンドのものを買うとしたら、日本円で1440円かかることになります。

ただ厄介なのが、このレート日々変化するんです

僕が2015年の7月にイギリスに来たとき、レートは1ポンド=190円くらいでした。
それから約1年後、イギリスのEU脱退問題によってレートは1ポンド=140円前後まで下がりました。

実際、僕自身にどんな影響があったかというと…

僕の専攻している学科の学費が一年間1150ポンドなので、日本円に換算すると

2015年度
£1150 × 190円 = 218万5000円

2016年度
£1150 × 140円 = 161万円 

その差57万5000円!!

一年間でこんなにも変わるとは…。

そのほかにも日々かかる食事代や光熱費など、
レートが変動すると学費や生活費が大きく変わってきてしまいます。

今後も為替レートが大きく変わる瞬間が何回もあるはずです。
例えば、東京オリンピックが開催される前後イギリスのUK離脱後その他世界状況など

正確に予想することは難しいですが、自分が行きたい国や日本の状況を定期的にチェックしていれば
今後留学費用が増えるのか減るのか少し予想できるはずです。

ちなみに、僕は為替レートをチェックするのにYahoo Japan ファイナンスページを使っています。
シンプルでわかりやすいのでオススメです。

まだ来季の授業料はわかりませんが(というかまだ成績表をもらってないので進級できればの話(笑))、払うときに少しでも安くなってくれればありがたいですね。

また授業料が確定したら進級報告もかねて(願望)このブログで報告します。(*`・ω・)ゞ

今後はイギリスのことだけでなく、その他の国の為替レートについての記事も書いていく予定です。

上記をご参考までにもし聞きたいことがあればメールかTwitterで連絡をください。

スポンサーリンク

投稿者:

高橋拓哉

高橋拓哉

学部生としてイギリスの大学に正規留学中の2年生。留学に関する疑問を毎晩遅くまでネットで調べていた経験から、自分と同じように困っている人がたくさんいるのではという考えからブログをスタート。

コメントを残す