イギリスで光熱費はいくらかかる?我が家の光熱費を公開!

みなさんこんにちは、ニューカッスルに留学中の高橋拓哉です。(*`・ω・)ゞ

昨日家に戻ってくるとこんなものが…

「うっ…ついに来たか!!」

思わず身構えてしまったものとは そう、光熱費の請求書。

他のお家はわかりませんが、うちでは4ヶ月に1回光熱費と水道代の請求が1ヶ月違いで届きます。

払う月をずらしてくれるのはありがたいのですが、先月水道代を払ったばっかりなので、続けざまに請求が来るのはやはり痛い。

「イギリスの光熱費はどのくらいかかるの?」

という方も多いと思うので、今回はうちがいくらかかっているのか紹介したいと思います。

ちなみに、今住んでいるところが、日本には珍しいメゾネットタイプのお家で(二階建てのお家にそれぞれの階違う人が住んでいて筆者たちは二階に住んでいる)

二人でハウスシェアをしているので、イギリスで二人で生活をした際の参考になればと思います。

目次

1. 請求書を公開
2. 電気代
3. ガス代
4. 前回よりも高かった原因を考察
5. 日本の家庭と比較
6. まとめ

請求書を公開

まずは、全体の請求書を見ていきましょう。

上から順番に、
今回は3月3日から6月5日までの95日間分
前回の請求(11月10日から3月2まで)£224.91/約31,487円
実際に払った金額(一括払い)£224.91
翌月持ち越し分 £0
今回の請求額(税金込み)£244.65/約34,251円
となります。
げっ、前回よりも高い!!
原因はなんなのか、

電気とガスに分けてもっと細かく見ていきます。

目次にもどる

電気代

家にはこのようなメーターが付いているのでそれでどのくらい使ったかがわかります

電気から見ていきましょう。今度は横から順番に,

期間(3月3日〜6月5日)
前回の請求の時のメータ値 11060
今回のメーター値 11596
その差 536kWh (キロワット時)
1kWhあたり15.37p
536 × 15.37= £82.38/約11,533円
その下にstanding charge (固定費)があり、1日18pかかるので

95日 × 18p = £17.10/約2394円
今回の合計 £99.48/約13,927円

でした。
次にガスを見てみます。

目次にもどる

ガス代


先ほどと同じく横から順番に

期間(3月3日〜6月5日)
前回の請求の時のメータ値 13370
今回のメーター値 13631
その差 261=2943kWh (キロワット時)
1kWhあたり3.73p
2943kWh × 3.73p= £109.77/1,5368円
standing charge (固定費)が、1日25pかかるので
95日 × 25p = £23,75/3325円

今回の合計 £133.52/18,692円

電気とガスのガスの合計が£233
それに税金(VAT)が5% £11.65かかるので

全部合わせて£244.65になります。

目次にもどる

一ヶ月の平均額

今回の光熱費、二人の一ヶ月平均額は

£61.16/8,562円

£30.58/4,281円 (一人当たり)

でした。

目次にもどる

前回よりも高かった原因を考察

今年のニューカッスルは5月に入っても寒い日が続いたため、ガスストーブを使う機会が冬場とそんなに変わりませんでした。

また、4月にイースター祭があり、大学が約1ヶ月間休みになり、さらに、5月の中旬に今学期が終了したので家にいることが多くなったのが一番の原因だと思います。

目次にもどる

日本の家庭と比較

最後に、日本と比べてどうなんだろ?と思ったので
日本の家庭の光熱費の平均金額を調べてみました。

日本の二人世帯の一月の平均額

電気 9,623円
ガス 5,125円
合計14,748円

うちの今回の一ヶ月平均が8,562円なので、平均額と比べるとだいぶ安い。

やはり一番の原因が、イギリスではシャワーだけで済ませてお風呂に入ることはあまりないので、その分光熱費はだいぶ浮くことだと思います。

うちはユニットバスなので一応お風呂はあるにはありますが、湯沸し機能なんてものは当然なく、風呂桶が浅く肩まで浸かることができませんし、お湯が十分に入る前に冷めるのでそもそもこっちでお風呂を入ろうとも思いません。(日本のお風呂が恋しい。泣)

このように光熱費はうちの場合だと日本の平均額よりも安かったですが、日本でも地域によってこの平均額よりだいぶ安くすんでいる人は多いと思います。

あくまで参考程度にみてください。

目次にもどる

まとめ

もちろん地域や、家のタイプ、暮らしている人数によってかかる光熱費は変わってきますが、うちの場合はこんな感じです。
ニューカッスルのある北東部は、イギリスの中でも光熱費が比較的安いので場所によってはもっと高いなんてことはあると思います。

他にも光熱費や水道代などの詳細をブログなどであげてる方がいますのでそちらも参考にしてみてくださいね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。
それではまた〜(*`・ω・)ゞ

スポンサーリンク

投稿者:

高橋拓哉

高橋拓哉

学部生としてイギリスの大学に正規留学中の2年生。留学に関する疑問を毎晩遅くまでネットで調べていた経験から、自分と同じように困っている人がたくさんいるのではという考えからブログをスタート。

コメントを残す