イギリスの大学の費用は?日本の大学との比較を徹底検証!<2018年度版>

こんにちは、イギリス留学中のたくやです。

留学に興味ある人は特に気になる海外大学の学費。
よくイギリスの大学の方が高い、日本の大学の方が安いということを耳にしますが、実際はどうなんでしょうか。

「少しでも学費をバイトで自分でも!」といえど、学生のうちはほとんどの方が親からお金を出してもらって大学に通わせてもらっていると思います。少しでも学費を抑えたい、でも憧れのイギリスで学びたいという人に実際どのくらい授業料がかかるのか、現在イギリスの大学に正規留学中の筆者の学費も公開しながら解説していこうと思います!

目次

1. イギリスの大学の学費
2. 筆者が通っている大学の学費
3. 日本の大学の学費
4. イギリスと日本の大学を比較
5. 結論; イギリスの大学の学費の方が高め

イギリスの大学の学費

まずは平均的なイギリス大学の学費。もちろん学科や大学によって値段は様々ですが、
Topuniversities によると 2017/2018年度留学生の学費は、通信制を除く講義ベースのコースで年間約£10,000から始まり、医学系など授業料が高い学科では年間約£38,000以上かかります。

今記事を書いているときの為替レートが£1=約149円なので、
約149万円〜、一番高い医学系では約566万円以上かかることになります。

また、大学院の場合は £11,000~32,000 (約164万円〜477万円)かかります。

目次にもどる

筆者が通っている大学の学費

では、ビジネス専攻の僕が通っているNorthumbria Universityの3年制の学費はというと…。

1年で£1150 (約171万円)。ということは、3年間で£3450 (約514万円)払うことになります!

さらにそこから生活費などがプラスされると…

うぅ、胃が痛い…。

こう調べてみるといかに学費が高いか改めて実感させられます。

しかもこの学費、留学生は現地の学生より高めに設定されているんです!

3年間の学費だけで大体500万円くらいかかっているんですね。高い、高すぎる!!
しかもイギリスの大学はほとんどが公立だというのにこの値段。

せっかくイギリスの大学に留学したいって思っても、学費が何よりも高いハードルになってくるのではないでしょうか。日本の大学の方が学費抑えられそうだし…。

では次に日本の大学はどのくらいかかるのか調べてみました。

目次にもどる

日本の大学の学費

文部科学省が調査した平成28年度の私立大学の平均学費 によると、文系で約132万円理系で約152万円でした。一番高い医学系では約479万円かかります。

平成29年度の国立大学は授業料と入学料合わせて約93万2519円です。
参照元; 文部科学省 国公私立大学の授業料等の推移
私立大学院の場合、博士前期課程で約103万、後期課程で約87万円でした。
参照元; 文部科学省 私立大学等の平成26年度入学者に係る学生納付金等調査結果について
国立大学はやはり安いですね。4年間通うとしても約373万円です。

目次にもどる

イギリスと日本の大学を比較

日本の大学と比較してイギリスの大学はどれほどかかるのか表にしてみました。
ちなみに日本の国立大学はほかと比較すると安いので、今回は日本の私立大学に通うと想定して考えます。

*1ポンド=149円の場合

もちろん学校や学科などによって金額は変わってきますが、
こうしてみると日本の私立大学の理系と同じかそれよりも高い授業料がかかることになります。

イギリスの大学の多くが3年生なので最終的にかかる学費は日本の私立大学の文系と同じくらいの値段かそれ以下でいけるように思えますが、
日本の留学生がイギリスの大学に正規入学するにはFoundation Courseといわれる大学進学準備コースを受ける必要があるので、
その金額も含めるとどうしても割高になってしまいます。

直接イギリスの大学には入学できない!その前に必要なファンデーションコース

日本でファンデーションコースを受ける。僕の専門学生時代の話

目次にもどる

結論; イギリスの大学の学費の方が高め

イギリスの大学に留学となると日本の大学に通うより学費が割高になる可能性を覚悟しなくてはなりません。

しかし、学校、学科によって大きくかわるのではっきりとは言えませんが、
僕の場合だと日本の私立大学に通うのとそんなに授業料は変わらないです。
案外地方から都心の私立大学へ一人暮らしして通うのと同じような費用でイギリスに留学できているのかなと。

日本は世界でも大学の学費が高いといわれているので、国によってはもしかしたら留学した方が学費が安いなんてこともあると思います。

それに英語が上達する以上に日本では経験できないような楽しいことや困難が本当にいくつもあるのでその中で鍛えられて大きく成長ができる機会もたくさんあります。

ただ、やはり学費はどこでもめちゃくちゃ高い!

これ親に返済するのに何年かかるのやら…。 (´-ω-`)

あらためてちゃんと有意義な学生生活を送らなねばと思いました。

もちろん学費は為替などにも大きく作用されるので自分が気になる国や大学の情報を
学校のホームページなどで日々チェックするのは大切です。
イギリスで留学生に対して安い授業料をまとめてあるサイトを見つけたので下に紹介しておきます。
留学生のための最も手頃な価格のイギリス大学10選
読んでいただきありがとうございました。それではまた〜(*`・ω・)ゞ

上記をご参考までにもし聞きたいことがあればメールかTwitterで連絡をください。

スポンサーリンク

投稿者:

高橋拓哉

高橋拓哉

学部生としてイギリスの大学に正規留学中の2年生。留学に関する疑問を毎晩遅くまでネットで調べていた経験から、自分と同じように困っている人がたくさんいるのではという考えからブログをスタート。

コメントを残す