イギリス潜入レポート⑤ Dogカフェ

みなさんこんにちは、イギリス留学中の高橋拓哉です。(*`・ω・)ゞ

イギリス人は大の犬好き。
町を歩くと犬を連れて散歩している人達をよく見かけます。

公園などで犬と遊んでいる姿を見かけると思わず自分も飼いたくなりますが、基本的に学生寮などではペットを飼うことができません。

そこで今回はそんな犬を飼えない人でも気軽にわんちゃん達と触れ合えるDogカフェに行ってきました。

さて、今回訪れたのは Dog&Scone というドッグカフェ。

場所は Newcastle Central Station から歩いて5分ほど にあります。

店内はそこまで大きくなく、テーブルが6つのこじんまりとした大きさです。それに加えて人気店のため平日でも満席に。
お店のホームページから予約 できるので事前に済ませておくとことをオススメします。

料金は入場料ドリンク料込みで一人£5.4 (1時間制)。

店の前に立つと、万が一わんちゃん達が逃げないように「店の外で待ってください」という張り紙が。店員さんがドアを開けてくれるのをしばらく待ちます。

手の消毒をして簡単に店のシステムの説明を聞いてから中に入ると、そこには6匹のかわいいわんちゃん達がお出迎え!

Dog&Scone ファミリープロフィール
※公式プロフィールより抜粋

モモ (トイプードル)
「ハーイ!わたしは Dog&Scone ファミリーのお姉さんなの!人間が大好きで、特に大好きなのは人の膝の上に乗ること!」

.

ラッキー (ビション・フリーゼ)
「わたしはラッキーって呼ばれてるの。クリスマスの日に生まれたんだ。カフェに来たみんなをラッキーにすることが好き!」

.

ユキ (トイ・ヨークシャ・テリア)
「わたしはこのドッグカフェで一番小さいの!なんでかっていうと、少し恥ずかしがり屋だから…でも、お友達を作るのは好き!」

.

モーニング (トイ・プードル)
「わたしは他の子たちと一緒にいることが大好きなの。ひとりぼっちは嫌いだから、このカフェで新しい友達を作ることが楽しみでしょうがないわ!」
.

コーヒー (ウェルシュ・コーギー)
「ハロー!わたしは毎日、窓の横に座って外を行き交う人たちを眺めるのが好きなんだ!」

.
.

ラッフィング (パグ)
「ハーイ。わたしはカフェの中でもまだ赤ちゃんの女の子なの。ラッキーと一緒にいたり、遊んだりすることが好き。」

.

席に着いたら自由にわんちゃん達と遊んで良いのですが、どのわんちゃんも他のお客さんの膝の上にいて空いている子がいません。
ひとまずドリンクのメニューを確認していると、店員のお姉さんがわんちゃんを連れてきてくれました。

最初に来たのが今年生まれた赤ちゃんパグのラッフィング。どうやらおねむみたいで膝にきた途端寝てしまいます。笑
その寝顔がなんとかわいいことやら!

膝にきてすぐ寝てしまいました。

その可愛さに思わずにやける著者。

他のお客さん達も「Lovely!!」「Cute!!」と大盛り上がり!
ある程度触れ合ったら、起こさないようにそっと抱きかかえながら他のお客さんにバトンタッチ。ドッグカフェ (猫カフェもまた然り) 特有のやさしい雰囲気が店の中を満たしています。

次に店員さんが連れてきてくれたのがコーギーのコーヒー。
どうやらご機嫌ナナメのようで、お姉さんの腕の中でモダモダと抵抗。
渋々連れてこられたコーヒーのこの表情をご覧あれ…。



明らかに嫌がっている様子に「ごめん…」という罪悪感が溢れ、早めにリリース。ごめん…ごめんね…

犬によってはその時によってご機嫌だったり、そうでなかったりするのでそれは仕方ありませんが、店員のお姉さんはサービス精神が豊富でそんなの関係なしに連れてきてくれます。笑

そんなお姉さんもさすがにコーヒーの機嫌の悪さに諦めたのか、その後コーヒーが誰かの膝に乗せられることはありませんでした。

拗ねて寝ぐらに戻ったコーヒー。
タイトル「もう誰も信じない」

その他にも、ビションフリーゼのラッキー。

僕のジャケットが気に入ったみたいでよく来てくれました。

ヨークシャーテリアのYukiちゃん。


どれも魅力的なわんちゃん達と触れ合っていると1時間があっという間に過ぎました

店員さんのサービスも良く、ドリンク代込みで £5.4 と安くなかなかよいお店だと思います。

ちなみにドリンク・フードメニューはこのような感じ。

意外な低価格!お財布に優しいです。

なによりもわんちゃん達がとてもかわいいですし、来てるお客さんもみんな犬好きな人たちなので自然と会話が生まれます♪

ただ一つ言えるのは、男同士では入りづらい(^_^;)
今回は nazuna と一緒に行きましたが、客層も親子連れか女の子同士が多いので、男の僕ではわんちゃん達と触れ合いたいと思ってもなかなかハードルが高いです。笑

ここまでよんでくださりありがとうございました。
それではまた〜(*`・ω・)ゞ

スポンサーリンク

投稿者:

高橋拓哉

高橋拓哉

学部生としてイギリスの大学に正規留学中の2年生。留学に関する疑問を毎晩遅くまでネットで調べていた経験から、自分と同じように困っている人がたくさんいるのではという考えからブログをスタート。

コメントを残す