SIMカード契約奮闘記!〜イギリスの携帯事情〜

みなさんこんにちは、イギリス留学中の高橋拓哉です。(*`・ω・)ゞ

留学して困ったことの一つが、SIMカードの契約

留学1年目の僕は Wi-Fi が通っている大学の寮に住んでいたので、ネット環境に困ったことはありませんでしたし、友達との連絡手段も
LINE や Messenger を使っているので、そもそも電話を使うことはほとんどありませんでした。

それが留学2年目、大学の寮からプライベートハウスへ移ることとなり、ネット環境を自分で整えなくてはならない状況に

その他、大家さんに連絡をとったり、光熱費を払うのに電話があると色々と便利なこと日本からSIMフリーの携帯を持ってきていたこと がきっかけで、この機会にSIMカードの契約をしようと思い立ちました。

携帯電話ならまだしも、SIMカード契約だけならそんなに時間はかからないだろうと高を括っていた自分が甘かった…。
海外の携帯サービスは日本と違うところがあり、それを理解するのに時間がかかりました。

そこで今回は、イギリスのSIMカード契約方法、携帯事情についてまとめていきたいと思います。

目次

1. SIMカード事情
2. 携帯会社Threeとは
3. SIMカード契約 〜銀行トラブル1〜
4. SIMカード契約 〜銀行トラブル2〜
5. SIMカード契約 〜解決〜
6. 最後に

SIMカードのサービス区分

まずは軽くイギリスのSIMカード事情について触れておきます。

簡単にまとめると、

必要分の金額をチャージして使う: Pay as you go
日本と同様、月額決まった分を支払う: Pay monthly

以上の2種類あります。

前者 (①) は月額でなくプリペイト式のため、銀行のアカウントやイギリスでの住所がなくても契約できるので、旅行者や留学1年目の僕みたいに外であまり携帯を使わない人向けのものです。

SIMカードを手に入れるだけなら、携帯会社の店頭に行かなくてもネットや近くのスーパーで売っていますし、たまに街中で無料配布もしています。

逆に後者 (②) はイギリスでの銀行のアカウントや住所がないと契約できない代わりに、Pay as you go と比べて通信料が安かったり、いろんなサービスが付いていたりします

目次にもどる

携帯会社Threeとは

さて、イギリスでは日本以上に携帯キャリアやサービスがあり、まずどの会社と契約するかとても迷います。

今回数ある中で僕が選んだのは、イギリスでは日本の au やソフトバンク並に知名度が高い「Three」という携帯会社。

低価格で豊富なプラン

なぜそこにしたかというと、選べるプランが多く月額の通信費が安いこと、この2点が最大の魅力だったためです。

僕がどこのキャリアと契約しようか悩んでいた時、片っぱしからお店へ行ってパンフレットをもらったところ、他のキャリアに比べてThreeは選べるプランがとても多かったことに驚きました。

細かくプランが分かれているので、自分がどのくらい使うかで金額を選ぶことが可能

海外でまるで「自宅にいる時のように」使用可能

次に魅力に感じたのが、多くの国イギリスにいる時とほぼ同じ様に携帯が使えるということ。

例えば日本の携帯サービスでは、海外へ行った際に追加料金を払わないとその国では携帯が使えなかったり、場合によっては高額な通信料が請求されるということがあります。

HOWEVER!

Threeでは、Threeが契約している国であれば追加料金を払わずにイギリスとほぼ同様に携帯を使えます

実際ドイツへ旅行に行ったとき、問題なくThreeのサービスを使えた時は感動しました。

さすがに日本では使えませんが、ほとんどのヨーロッパの国アメリカブラジルなどでもThreeのサービスを使えるので、旅行に行く際はとても便利なサービスです。

60カ国以上で使用可能

店員さんの接客が◎!

最後に、ここからは完全に僕の主観になりますが、店員さんの態度がとても良かったところが契約の決め手となりました。

ここに来る前にも他の店舗に訪れてみたのですが、僕の「英語力 + イギリスでの携帯サービスの知識」の不足が原因で、なかなかコミュニケーションがうまくいかないことがあり、明らかに怪訝そうな態度をされたとこもあります。

その点Threeでは僕の発する難解な英語を真剣に聞いてくれて、プランの説明を1から詳しく説明してくれたので、何店舗も回って心が折れかけていた僕にまさに神対応的な接客をしてくれました。

人間困っているところに優しくされるところっと心が惹かれてしまうもので、
I’d like to contract with you!!
といってすぐ契約の手続きを進めてもらうことにしました。

「これでSIMカードの契約ができて今日からインターネットが使えるぞ!」と思いきやここからが長かった…。

先に言いますが、結局携帯が使える様になるまで3日かかります。(^_^;)

目次にもどる

SIMカード契約 〜銀行トラブル1〜

契約に必要なもの パスポート
クレジットカード
現住所を証明できるもの

以上のものを持って行っていたので、すんなりと契約手続きに入ることができました。

が、

ここで問題になったのが、イギリスで作ったクレジットカードの住所と現住所が違っているため契約ができないということ。

このとき、大学の寮から今住んでいるところに引っ越してきたのが2日前だったので、まだ銀行に住所が変わったことを伝えていませんでした

最近引っ越したことを店員さんに伝えると、
「それなら今から銀行に行って変えてきてもらうといいわ。ここで待っていてあげるから。」
と優しい言葉をもらったので、急いで銀行に行くことに。

銀行について事情を説明すると、
「担当者が来るまで椅子に座って待ってて」
と言われたので大人しく座っていると、すぐにガタイのいいボディービルダーのような人が案内してくれました。

幸いSIM契約に必要な身分証などを持ってきていたため、すんなりと住所を変更してもらえると思いきや、銀行口座を開いたときにした手書きのサインが必要らしく、「ここに書いてくれ」と紙とペンを渡されました。

どんなサインをしたか自分でもうろ覚えで、とりあえず思い立ったものを書いたところ、書き順(?)が違うらしく「今日は住所変更をすることができない」と言われしょんぼり。

とりあえず今日はどうすることもできないので、銀行を出た後に先ほどのThreeショップへ向かい、事情を説明して明日また来ることを伝えました。

目次にもどる

SIMカード契約 〜銀行トラブル2〜

昨日の反省を生かし、家を出る前に銀行のアカウントを作ったときの書類を片っぱしから探して無事サインを見つけることに成功。

これで文句なかろうと銀行に向かうと、昨日とは違うスタッフが担当。本人確認の書類を見せるとサインを求められることもなく、あっさりと住所を変えてくれました。

昨日のアレはなんだったのか…!?

担当者によって対応も変わってくるのはイギリスでは日常茶飯事。
腑に落ちないものを感じながら、ともかく住所を変更できたので携帯ショップへ急ぐと、昨日担当してくれたお姉さんが今日もいました!

「昨日は災難だったわね。でもこれで契約できるわよ!」と力強く言ってくれたので安心して任せていると、どんどんお姉さんの顔が曇っていく…。

まさかとは思いましたが、お姐さんの口から出た言葉は

「住所、変わってないわよ…。」

( ゚д゚)!?

さっき変えてきたばかりなのに…。さては銀行の人が間違えたとか??
とりあえずこのままでは進まないので、もう一度銀行に行ってカードの登録住所がちゃんと変更しているのかを確認すると、特に問題ないとのこと。

なぜこうなっているのか訳が分からず、また携帯ショップに戻り事情を説明すると、もしかしたら変更が反映されるまで時間がかかるかもしれないということ(ここの結論に至るまでに銀行と携帯ショップを2往復はしました…)。

いつ反映されるのかわからないので今日は家に帰り、また明日出直すことに。
今日も契約することができませんでした…。

目次にもどる

SIMカード契約 〜解決〜

家にインターネット環境がないので、なぜこうなっているのか調べることができません(まさに孤島の極み)。こんなときネットのありがたみを強く感じます。

不安に思いつつ、住所変更が反映されていることを祈りながら、3日目のThreeショップへ向かいました(ちなみに家から歩いて1時間くらいかかります!)。

お店に着くとまた同じお姉さんがいます!
もう三日連続顔を合わせているのでとても親近感を覚えながら今度こそはと契約へ進みます。

さすがに1日待っているのだからもう大丈夫だろうと思いつつ、変更されていなかったらどうしようかとドキドキしながら待っていると悪い予感は的中。

いまだに住所が変更になっていません。これにはお姉さんもお手上げ。
お互い頭を抱えていると、それを見ていたこの店のボスらしき人が
「どうしたんだい?」
とやってきました。

お姉さんが「こういう事情で契約が進まないのよ」と言うと、
なら俺がやってやるよ!
と席を移動し、
「パスポートと学生書のコピーをとるけどいいかい?」と聞かれました。

どうやらその2つのみで契約をしてくれるらしく、隣にいるお姉さんは
「こんなのマニュアルにないけどいいの!?」
と慌てています。

そんなのおかまいなしに「俺がやるからいいんだよ!」と返す店長。
自分は完全に蚊帳の外なので黙って様子をうかがっていると、ほらよっと店長からSIMカードを渡されました。

ついに念願のSIMカードが今…!!!!

担当者によって対応が変わってくるのはイギリスならでは(2回目)。
最後に契約書にサインして契約終了。
これで無事に携帯電話を使うことができるようになりました。

目次にもどる

最後に

今回契約したのが、

インターネット使い放題
メールし放題
月200分間の通話無料
月30GBまでテザリングできる

というもので、これだけついてなんと月額23ポンド!!

日本にいた頃はソフトバンクと契約していましたが、(確か)月々インターネット7GBまでで7000円くらいしていたような(機種代含む)。

今回SIMフリーの携帯を日本から持って行ったので通信費だけで済みますが、日本のキャリアと比べるとサービスが何倍もよく、さらに安いです。

日本も最近では格安SIMが流行り始めていますが、海外と比べるとまだまだサービスに関して遅れていると感じています。

通信速度も申し分なく、動画の読み込みもサクサクなのでとても役立っています。

他の人もブログで書いてある通り、海外で携帯電話を契約するのはなかなかすんなりといかないようで、それぞれ苦労している様子です。

そこで僕が言いたいのは、最初はなかなか上手くいかなくても、決して諦めないこと!
何回も足を運んでいると、今回の携帯ショップの店長のように、思わぬところから助け舟が出てくることもあります。

中には英語がなかなか伝わらず、怪訝な顔をされることもあるかもしれませんが、そんなときこそズカズカと分からないことは聞きましょう。
なんて言ったってこっちはお客様なんだから、多少のことなら目を瞑ってくれるはずです。お金を出すのはこちらなんだからね!

イギリス人に日本の「お客様は神様」精神は伝わらないと思いますが、こういったときこそ全面的に出してもいいと思っています。笑

ちなみに、threeのSIMカード(プリペイド契約)は日本からでも購入可能なので、出国前に入手するのもアリ!

ここまでよんでくださりありがとうございました。
それではまた〜(*`・ω・)ゞ

スポンサーリンク

投稿者:

高橋拓哉

高橋拓哉

学部生としてイギリスの大学に正規留学中の2年生。留学に関する疑問を毎晩遅くまでネットで調べていた経験から、自分と同じように困っている人がたくさんいるのではという考えからブログをスタート。

コメントを残す