イギリス潜入レポート③サンダーランド Air Show!!

みなさんこんにちは、イギリス留学中の高橋拓哉です。(*`・ω・)ゞ

先日ニューカッスルのお隣の町、サンダーランドで航空ショーがありました。
今回はその様子を紹介したいと思います。

7月21日(金)〜23日(日)3日間開かれるこの航空ショーは、イギリスの中で規模が大きく、イギリス空軍の戦闘機パラシュート部隊アクロバット飛行など、誰でも無料で鑑賞できます。

僕たちが参加した2日目の22日は、あいにくの雨予報。
朝から雨が降ったり止んだりで、空のコンディションは良いとは言えませんでした。さらに、もう7月の後半なのに寒い!まだ上着が必要です。

航空ショーは天候に左右されるため、開催時間は午前11時から午後17時までと決まっていますが、何時にどの飛行機が飛ぶかは直前になるまでわかりません。

Twitterからの情報より、スタートが遅れるらしいので、午後から行くことにしました。

ニューカッスルのHaymarket駅から電車に乗り、30分ほどで会場近くの駅に到着。そこから歩いて15分で会場となる海辺へたどり着きました。

午後になっても空はあいかわらず雨模様で、パラシュート部隊のショーなどいくつかキャンセルになってしまいましたが、会場はたくさんの人で大盛り上がり。ホットドックやハンバーグを売る屋台や航空ショーにまつわるグッズ、戦闘機体験コーナーなどがあり活気づいていました。

昔の飛行機の展示

当時の使っていた銃や軍服が展示してあります

Red Arrowsの飛行を体験できるコーナー (1回 £5)

どうやらクジを引いて人形を当てるよう。中には人よりも大きな人形もあり、結構人気でした。笑

パラシュートアクロバットチームの RAF Falcons
晴れていたら見られましたが残念ながら今回は中止

雨模様は一向に回復しそうにないですが、雨が止んだのを見計らっていくつかの飛行機が飛び立ちました。

RAF BBMF

The Blade Steam 部隊

ジェームズボンドが劇中乗っていた Autogryo007
※左上

音楽に合わせて飛ぶ飛行機たちはどれもカッコよく、会場を大きく盛り上げていました。

気づくと雨もすっかり上がり雨雲から太陽が上がってきています。
すると会場から今回の目玉である Red Arrows が飛び立つという放送が!


空はすっかり晴れ模様。イギリスの天気は本当に変わりやすいです。

Red Arrows とは

レッドアローズとは、1964年末に創立されたイギリス空軍公式のアクロバット・チームで「ダイヤモンド9」と呼ばれる9機による編隊で様々な演技を行います。

演技はとてもレベルが高く、ヨーロッパアクロバットチームの御三家(フランスの「バトルイユ・ド・フランス」、イタリアの「フレッチェ・トリコローリ
」) の一つと言われています。

さらに驚くべきはその飛行展示回数!
時には1日に2回飛行することもあり、午前中にイギリス、午後にはフランスの航空ショーに参加するなど6月から9月までのエアショーシーズン中はほぼ毎日どこかで飛行展示を行っています

2016年は50回以上の展示をしており、展示がもっとも多かったのは1995年の136回。日本のブルーインパルスが年間20回程度なので、比べてみるとすごい数字なのがわかります。

この航空ショーでも一番人気はレッドアローズで、彼らのショータイムになると一気に人が押し寄せます。

どこから登場するのかと辺りを見回していると、会場のアナウンスの「レッドアローズが登場だ!」の掛け声とともに、観客の後方から赤・白・青のスモークを出しながら9機きれいに並んだレッドアローズが登場しました。

会場は今日一番の歓声に包まれます。

レッドアローズのパフォーマンスはまさに圧巻!
お互いに触れるか触れないところをきれいな連帯を保ちながら高スピードで技を繰り広げます。


トルネード


∞の文字を描いて飛行しています


矢の刺さったハート


当たるか当たらないところをお互いが猛スピードで突っ込んでいきます。


9機が一気に広がりきれいな青木型に広がり演技終了。

演技時間はだいたい15分ほどでしたが、数々繰り広げられるアクロバットに圧倒されるばかりで時間が短く感じました。

これで今日のショーは全て終了。
午前中には雨でどうなるかと思いましたが、たくさんの飛行機を観れて本当に良かったです。

ちなみにレッドアローズは日本ではまだ飛行したことがありません。もし見るのであれば6月から9月に航空ショーがヨーロッパで多く開かれているので、それを観に行くことをオススメします!

ここまでよんでくださりありがとうございました。
それではまた〜(*`・ω・)ゞ

スポンサーリンク

投稿者:

高橋拓哉

高橋拓哉

学部生としてイギリスの大学に正規留学中の2年生。留学に関する疑問を毎晩遅くまでネットで調べていた経験から、自分と同じように困っている人がたくさんいるのではという考えからブログをスタート。

コメントを残す