イギリスの水道水は飲める!でも硬水が気になる…

みんなさんこんにちは、ニューカッスルに留学中の高橋拓哉です。(*`・ω・)ゞ

世界で水道水が飲める国って案外少ないってみなさん知っていましたか?

僕も日本にいたときは公園の水道水も普通に飲めるので
まったく気にしたことはありませんでしたが、イギリスはどうなんでしょう。

結論から言うとイギリスの水道水は飲めます!

僕は気にすることなく毎日水道水を飲んでいますが、特にお腹を壊したりはしていません。

ただ、周りの友達に聞いてみると、飲んでいる飲んでいないかは大体半々くらいですね。

特に僕の周りの中国人や韓国人などのアジア圏出身者は水道水をそんなに飲まないようで、逆にイギリス人の友達は気にせずバンバン使っています。

イギリスの水は硬水であり、マグネシウムとカルシウムが比較的多く入っているので、普段日本の軟水を飲んでいる人が飲むと最初は少し違和感があるかもしれません。

僕はすぐに慣れましたが、それでも気になるという方は、スーパーなどで売っているベットボトルの水を買うか、浄水器を使って飲むことをオススメします。

ペットボトルの水は500ml×10で1〜2ポンドで買えますが、いちいち買って運ぶのは大変ですし、出費もかさみます。そこでおすすめなのがこの浄水器!

写真にある浄水器はだいたい15ポンドくらいで買えます。これに水道水を入れるだけで、中に入っているフィルターに水が通り浄水された水が簡単に飲めるという優れもの。

イギリスの家庭にもよく置いてあります。

一つ欠点があるとすれば、中の詰め替えかフィルターが意外と高くて3〜5ポンドくらい。交換目安がだいたい1ヶ月に1回なので長く住む人には大きな出費になってしまうところです。

また、僕の場合ですが、学校に浄水器があるので学校の近くの寮に住んでいた時はよくペットボトルを大量に持って行ってその水を入れて持ち帰って使っていました。(貧乏くさいですがこれも生活費を抑えるため ^^;)

ただ、今では普通に直接水道水をケトルに入れて紅茶やコーヒーを飲んでいます。今のところ健康には何も被害が出てないので大丈夫かと。

硬水対策について色々と言いましたが、実は硬水には良い面もあります。

それは、普段の食生活で不足しがちなミネラルを補えることです。もともとヨーロッパでは肉メインの食事のためミネラル不足が生じるため、それを補えるため硬水は重宝されています。

まとめ

イギリスの水道水は飲めるので心配ありません!
(もし今後水が原因でお腹を壊したなんてことがあったら報告します!)

ただ、それでも水道水を直接飲むは気がひけるという人は
浄水器やペットボトルの水を飲むことをお勧めします。

ここまで読んでいただきありがとうございました!それではまた〜(*`・ω・)ゞ

スポンサーリンク

投稿者:

高橋拓哉

高橋拓哉

学部生としてイギリスの大学に正規留学中の2年生。留学に関する疑問を毎晩遅くまでネットで調べていた経験から、自分と同じように困っている人がたくさんいるのではという考えからブログをスタート。

コメントを残す