【厳選】留学経験者は楽天カードを強くおすすめします【詳しく解説】

dummy
留学生
「留学するけどクレジットカード
何を選べばいいかわからない」
「ポイント還元率が1番いいのは?」
「紛失時の対応は?」

今回はこんなお悩みに答えていきます。

僕は2015年から2018年の3年間イギリスに住んでいて、普段の生活は現金をほぼ使わずカードを使って買い物をしてました。

実際クレジットカード2枚、キャッシュカードを1枚を使い分けていましたし、カードを壊して日本から再発行することも経験したので実体験を踏まえながら紹介していきます。

この記事でわかること

1. 留学最強のクレジットカード
....楽天カードの特徴
2.その他留学に便利なカード
3.クレカは2枚以上作った方がいい理由
4.紛失、盗難にあった時の対応
5.まとめ

留学最強のクレジットカード

結論: 楽天カード

僕が留学中クレカは2枚持ってたのですが、ほぼ楽天カードしか使いませんでした。
それくらい便利でお得なカードです。
詳しく見ていきましょう。

楽天カードの特徴

ポイント還元率が最強!

100円=1ポイントとの還元率。

1%は低いように思えますが、バカになりません!
例えば僕のイギリスでのある月の光熱費は8562円でしたが、これを払うだけで85ポイント、年間1000ポイント以上もらえます。

イギリスで光熱費はいくらかかる?我が家の光熱費を公開!

そのほか普段の買い物などを楽天カードで支払うことによって年3万ポイントくらいは余裕でもらえてましたね。イギリスからヨーロッパの国々へは飛行機代が往復2万円くらいと安いので、貯めたポイントで旅行に行けました!

海外生活は何かとお金がかかります。
ポイント還元率が高いカードだとその分費用も押させることができるのでおすすめです!

海外生活に必須なキャシング機能付き

海外生活をするならキャシング機能は必須です!
いくら海外がカード主義だとしても現金しか使えない場合があります。

例えば僕の場合、イギリスで賃貸のデポジットを払うとき、現金しか受け取ってくれない所がありました。人気の物件だとすぐデポジット払って抑えとかないと別の人に取られてしまうので、そういうときに現金を引き出せるキャシング機能は必須だなと感じました。

カードによってはクレジット機能しかない物がありますが、楽天カードならクレジットとキャシングの両方の機能が付いています。

24時間いつでもサポート


ネットや電話で24時間サポートしてくれるので、時差を気にせず相談できるのも良いところ。

実際に僕は1度カードを壊して使えなくしたことがあります。そのときの対応もよく、新しいカードもちゃんと手元に届いたのでサポートについては良い印象です。

海外保険付き
会費無料なのに海外保険まで付いてきます。

対象になるのは以下の例。

渡航する際にトラブルがあって飛行機に乗り遅れてしまったというときでも安心ですね。この保険を受けるには出国前に決算する必要がありますが、ほとんどの人は事前に航空券のチケット代は既に払っていると思うので大丈夫でしょう。

上記のは一部でその他、海外でもし大怪我をして入院する場合でも最高200万円の保険がおります。

楽天カード海外旅行傷害保険

利用履歴が毎回メールで届く
僕が個人的にいいと思っているのがカードを利用したときに毎回メールでお知らせが届くところです。これがあると自分がいくら使ったのか管理しやすくなるし、不正利用されてた場合もすぐに気づけます。

(このように毎回メールで何日にいくら使ったのかすぐお知らせが来ます。)

人によっては毎回来るメールが鬱陶しいと感じますが、セキュリティー面でも大切な機能だと思います。

入会費、年会費が無料
JALカードなどとは違い、入会費、年会費がかからないのもポイント。
気軽に作れるのがいいですね。最近は無料で作れるクレカが増えていますが、ポイント還元率、その他サービス比べても楽天カードはトップに位置していると思います。

一方で、飛行機の利用が多くなるのでJALカードを作ってマイルを貯めた方がお得なんじゃないかという人もいますが、留学したらJALはチケットが高いので使うことはなくなると思います。

例えばヨーロッパに旅行するならオランダの航空会社のKLMやアラブのエミレーツ航空の方が断然安いですし、路線もたくさんあるのでわざわざ高い日本の飛行機会社を利用しません。

カードを選ぶときはマイルを考えなくて良いです。むしろ航空券以外でも使えるポイント還元率を重視した方がいいですね。JALカードは200円=1マイルなので0.5%の還元率と低かったので最初から選択肢にありませんでした。

以上が僕が楽天カードをお勧めする理由です。
入会費無料に対してポイント還元率が他のカードより高い、キャシュ機能付きなど便利なサービスが付いてますし、日本に帰ってきてからも十分使えます。

楽天カード新規入会キャンペーン

その他留学に便利なカード

楽天カード以外にも留学に適したカードはいくつかあります。
下で詳しく書きますが、留学に行く際はカードが2枚必要です。

1枚は楽天カードにし、2枚目は以下で紹介するカードを検討してみるといいでしょう。

三井住友VISAクラシックカードA

特徴年間費:1500円+税(オンライン入会初年度年間費無料)
国際ブランド:VISA,Master card
ポイント還元率:0.5%
海外保険が手厚く最高2500万円

【エポスカード】

特徴年間費:無料
国際ブランド:VISA
ポイント還元率:0.5%
即日発行に対応しているので、すぐクレカが欲しいときにはおすすめ

以上僕がお勧めするクレジットカードです。

今回の記事に使ったクレカ比較サイトです。
気になるカードはここで調べてみると情報が詳しく載っています。
価格ドットコム、クレジットカード比較

クレカは2枚以上作った方がいい理由

クレカを1枚しか持ってないともし盗難や失くした時にとても大変です。
再発行することは可能ですが、海外にいるとカードが届くのに時間がかかるのでそれまでの間買い物することができません。

実際僕はクレカを壊して2週間ほどカードなしで暮らしたことがあります。
そのときはまだクレジットとキャッシュ機能が一緒になっているカード1枚しか持ってなかったので、翌日からどうやって暮らしていくか途方にくれました。
光熱費の支払いも迫っていたので支払い先にはメールと電話で少し待ってもらうように頼んだり、カードのない間の生活費を友達に頼んで出してもらったりとめちゃくちゃ大変だったなぁ…。

何が起こるかわからないのでカードは2枚以上持ちましょう。
財布の中に2枚とか同じ場所に保管するのも良くないですよ!

部屋に1枚、財布に1枚というように保管しといてください。

紛失、盗難にあった時の対応

ついでに紛失、盗難にあったときの対応も紹介します。

まずは落ち着いて自分の身の回りを1時間探す

大抵これで出てくることが多いです。
1時間と制限時間をかけたのは踏ん切りをつける為です。1時間以内に見つからなければ諦めて次の対応に急ぎましょう。

カード会社に電話してカード利用停止

探してもないようなら急いでカード会社に連絡してカード止めてもらいましょう。早ければ早いほど被害のリスクが少なくなります。

ちなみに一度止めたカードは後から見つかっても使用再開する事はできません。が、不正利用されるよりましなので思い切って止めましょう!

最寄りの警察署へ
カードを止めた後は必ず警察署へ盗難届を申請します。
盗難届は英語で theft report 。
これを出したいと説明すれば警察の人も慣れてるのですぐ対応してくれます。書くのは

  • 名前
  • 年齢
  • 住所
  • 電話番号
  • 盗難されたカードの種類(VISAかMasterか)
  • 日時
  • 場所
  • そのときの状況

わからなければ警察の人が教えてくれます。盗難届が受理されたら受付番号が発行されるので必ずもらってください。

カード会社に再度連絡
警察署で発行された受付番号を今度はカード会社に伝えます。
すると後日その月の請求書が来るので不正利用されてないかチェック!

この手続きをする事で万が一カードが不正利用されていても補償を受けることができます。その後再発行の手続きを取って手続き完了です。

ここまでみると結構めんどくさいのが分かりますよね…。普段から無くさないようにちゃんと管理するところを決めて気をつけてください。

全額戻ってくるかどうかはいかに最初の対応が早いかどうかで決まります。
やる事はたくさんありますが、正しいステップで対応してけば全額帰ってくることが多いので落ち着いてカード会社に連絡する事から始めましょう。

まとめ

今回いろいろとクレカを比較して調べましたが、留学するには楽天カードが一番おすすめです。

長期で滞在する人こそカードを使う頻度は多くなりますし、その分ポイントがもらえるので還元率が1%でも多くのリターンが期待できます。入会費・年会費がかからないので作りやすいですし、キャッシング機能もちゃんとついてるのでこれ一枚で事足ります。

もう既にクレカを持ってる人も2枚目のカードに楽天カードはいかがでしょうか。

留学するには最低2枚は必要ですよ。

僕みたいにカードを1枚しか持ってなくてそれを壊すと明日からの生活が本当に出来なくなりますからね笑。

投稿者:

たくや

たくや

2015年-2018年の3年間イギリスのNewcastleで経済学を専攻。 英語が話せないのにも関わらず、いきなり外国人が自分1人だけ(その他全員イギリス人)のクラスに入れられたので、コミュニケーションが全く取れず、数ヶ月間うつになり髪も抜け始める。 しかし、あることがきっかけでその状況から脱し、2018年7月に大学を卒業。現在は日本でブログなどで留学情報をお届けしている20代後半のサラリーマン。 留学に関する疑問を毎晩遅くまでネットで調べていた経験から、自分と同じように困っている人がたくさんいるのではという考えから、主にイギリスの留学に関する情報を発信しています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください